個別指導塾と集団指導塾の費用の違い

個別指導塾は割高な金額

個別指導塾と集団指導塾の違いとしてあげられているのは、費用の違いだけではなく、カリキュラムをはじめとした指導方法の違いです。
個別指導塾は個人への指導を行うことをメインとした塾で、個人の学習進行度合いに合わせて授業内容が変わります。先取りや復習など、自分自身のペースで学習ができるため、生徒にとっては学習しやすい環境といえるでしょう。また、振替授業ができるため、部活動や急病で休まなければならないときにも、適切に授業を受けられます。ただし、費用が集団指導塾よりも高めに設定されていることが多く、学習能力を高めることができるけれど、割高なのが特徴です。大学受験まで子供が学ぶためには、ある程度の費用がかかることを理解しておくことが必要となります。

集団指導塾の場合は緊張感があるが安い

対して集団指導塾の場合、プロの講師が集団の生徒に対して授業を教えるため、緊張感のある授業が可能となります。また、授業の内容によっては周囲の生徒と切磋琢磨できる環境となっているため、学習効果が出やすい人も少なくありません。
しかし、子供の性格によっては切磋琢磨する環境に疲れ果ててしまう人が少なくないため、子供の性格によっては向いていないといわれています。なお、費用は集団指導塾のほうが安いですが、進みが速く、わからない時には質問できないこと、振替授業ができないことから、どちらが割高となるのかは人の判断によって異なるでしょう。試合が多い部活動をやっている子供や、集団での切磋琢磨になれていない子は個別指導塾、周囲の子達と積極的に切磋琢磨する環境に問題ないなら集団指導塾がいいといわれています。