個別指導塾と家庭教師の効果の違い

マンツーマンという点以外で何が違うの?

個別指導塾も家庭教師もマンツーマン(一対一)の学習という点では同じです。それ以外でそれぞれどういう効果が得られるのかという点では若干違いがあります。まず、学習環境が違います。皆さんご存じかと思いますが、個別指導塾は塾に行って先生に個別で教えてもらうというスタイル、家庭教師は先生に家に来てもらって教えてもらうというスタイルです。どちらもマンツーマンだからこそ先生に聞きたいところを聞ける、聞きやすいという点がありますよね。ここで何が違うのかというと、「環境」が違います。個人指導塾でいえば大別すると「ライバルがいる」「勉強に適した環境」という二点があります。その一方で家庭教師は「一人で集中できる」「安心感のある環境」という点が挙げられます。

結局どっちがいいの?それぞれで得られる効果とは

個別指導塾か家庭教師かどちらがいいかは正直、人それぞれになってくるものです。ライバルとともに切磋琢磨したいタイプでしたら個別指導塾、いつもいる空間で一人で集中したいなら家庭教師が合っているのではないでしょうか。そしてその環境で得られる効果としては個別指導塾は勉強する環境での勉強促進効果、家庭教師では家にいるときの勉強の習慣化が得られる効果としてはあります。もし自分がどちらに合っているかわからないと思ったら自分は「学校や塾で集中して勉強するようになりたい!」のか「家でもしっかりと勉強できるようになりたい!」のかで考えてみると自分に合った学習方法を身につけることができます。親御さんでしたら、家を空けることが多かったら個別指導塾、移動や時間のコストをかけたくないなら家庭教師という選び方もいいでしょう。