個別指導塾と集団指導塾の利用しやすさの違い

個別指導塾は個性に合わせられる点がポイント

個別指導塾の場合、一人一人の生徒の進度に合わせて学習が進んでいきます。学校の授業や集団での講義ではついて行けないという方には利用しやすいものと言えます。自分の苦手なところだけを教えてもらうという形も取れるので、時間的に無駄がなく必要な勉強をすることが出来るという点も大きなメリットです。こうしたことを求めている方については利用しやすいでしょう。

しかし、講師と一対一で話すことで緊張してしまう場合などは、逆に利用しづらくなるという事もあります。また、コミュニケーションをとる機会も多くなるので、講師との相性という事も重要なポイントとなってきます。個別指導塾を利用する際には講師との相性なども確かめてから契約したいものです。

集団指導は仲間作りに魅力が

集団指導塾は、これまで一般的な学習塾の形として知られてきました。人気講師の授業を受けることが出来たり、同じ時間に多くの仲間が同じことを学ぶことになるので、仲間と励まし合いながら塾に通い続けることが出来ます。友人同士で同じ塾に通う事もあり、通うモチベーションを高めることには大いにプラスになります。イメージしやすく、利用しやすい形と言えるでしょう。

しかし、自分には必要のない部分の授業も避けることはできず、またわからないことがあっても授業はどんどん進んでいってしまいます。そういった時に対応しづらくなるような方にとっては利用しづらいと感じることがあるでしょう。そういった場合には個別指導塾のほうが利用しやすいかもしれません。