個別指導塾と家庭教師の費用の違い

個別指導塾の費用について

個別指導塾とは一人の講師に対して生徒が一人から二人、多くても三人程度で授業を行う塾のことです。その子のペースに合わせた授業ができるので、大勢の生徒が集まる塾よりこちらを選ぶ親御さんは少なくありませn。ちなみに料金ですが、大勢の生徒に対して講師が一人といった塾に比べると、個別指導塾の方が高くなるのが一般的です。それから相場としては、週に一回で良いのなら大体月謝は一万円前後というところが多いです。もしも週二回にするなら二万円、週に三回なら三万円といった具合に増えていきます。ただしこれはあくまでも相場で、地域によってはもっと高い場合があれば安くすむケースがあります。いずれにしても授業に必要な教材を購入すると、料金に上乗せされます。さらに小学生、中学生や高校生といったように年齢が上がるにつれて、一回の授業料が高くなるのが普通です。

家庭教師の費用について

個別指導の場合は塾に行かなければいけないのに対して、家庭教師は自宅に来てもらうことができます。しかもこちらは完全にマンツーマンですから、より生徒に合わせた授業が可能です。そして料金の比較ですが、個別指導塾とはそれほど大きな違いはありません。家庭教師に依頼した場合の費用は、週に一回だけ授業を受けるなら月謝は一万円前後になることが多いです。ただし個別指導なら塾側が作った教材を使うので、安く購入できる場合があります。それに比べて家庭教師に依頼すると、親御さんが問題集などを一から揃えなければならないことがあるのです。そのため結果的には、個別指導塾よりも家庭教師の方が費用が高くなることがあるので注意が必要です。